奈良公園の鹿 | Deer

奈良公園及びその周辺で生息する
シカ(ニホンジカ)について

奈良公園のシカ

奈良公園に生息するシカは国の天然記念物に指定されている野生動物です。 決して飼育されている動物ではありません。

野生動物は「無主物」であり、所有者はありません。 だからといって、個人が捕まえたり、傷つけたりすることは違法行為です。

シカはかわいい動物ですが、その生態を知らないと被害を受けることもあります。

奈良公園のシカさんからのお願い

●たたいたり、追いかけたりいたずらをしないでください。
 野生動物ですので、時として攻撃することもあります。特に小さなお子様連れの方は注意してください。
●鹿せんべい以外の食べ物を与えたりしないでください。
●鹿せんべいはすぐに与えてください。焦らすと怒ります。
●ゴミを捨てないでください。鹿が食べてしまい、病気になってしまいます。

奈良公園の鹿の豆知識

  • いつから奈良公園にシカが住んでいるの?

    春日大社に祀られている神様(武甕槌命)が白いシカに乗ってやってきたという伝説があり、万葉集(750年)に実際にシカがいたことが書かれています。

  • 奈良公園のシカは何頭いるの?

    オス236頭、メス715頭、子ども229頭、全部で1180頭がいます。(平成28年7月の調査結果)

  • オスとメスのちがいは?

    オスには角があり、角がないシカがメスです。

  • シカは何を食べているの?

    奈良公園に生えているシバや木の実などの植物を食べています。
    鹿せんべい以外は絶対にあげないで下さい。虫歯や中毒などの病気になり死んでしまいます。
    ※ディアライン
    奈良公園では、およそ2m以下は枝がなく、見通しの良い林となっていますが、これはディアラインと呼ばれ、シカが届く範囲の枝葉を食べることで形成されます。

  • 鹿せんべいは何でできているの?

    米ヌカと小麦粉。砂糖も塩も入っていません。シカにとって安全なおやつです。

  • シカはどこで寝ているの?

    野生の動物なので、奈良公園のどこかで寝ています。グループによって決まった「ねぐら」「エサ場」「休み場」があります。

シカ関連団体へのお問い合わせ 一般財団法人奈良の鹿愛護会
鹿サポーターズクラブ

奈良公園のシカ相談室 0742-26-7755
(奈良公園の鹿によるケガなどについては上記へお問い合わせください)
奈良公園事務所
アクセスナビ
団体バス予約
平城宮跡クイックガイド