PICK UP INFO

神の使いである鹿について(*’▽’)

本日は春日野園地よりお届けします(*’▽’)

鹿さんが一休みしている場面に遭遇しました!

 

奈良公園にいる鹿は、神の使いと言われています。

奈良に都ができたころ、奈良時代の貴族 藤原氏の氏神(うじがみ)として、

鹿島神宮(かしまじんぐう)(茨木県)から、神様を現在の春日大社の裏にある御笠山(みかさやま)に移して祀(まつ)りました。

このときに、その神様が白い鹿に乗って、鹿島から奈良にやってきたという伝説があるようです。

 

奈良公園事務所
アクセスナビ
団体バス予約
平城宮跡クイックガイド