PICK UP INFO

今日の木:シキミは地味でもピリリと辛い

春日山原始林でシキミの花が咲き始めていました。この木は低木で原始林のあまり陽の当たらないような林床でもよく育ちます。葉の特徴は周囲のギザギザ(鋸歯)もなく、表も裏も毛はなく、葉脈は目立たずいつ見ても緑でつるつるしています。花も薄い黄色で地味ですがかわいいです。
春日山原始林にはたくさん生えています。アセビと同じく鹿はこの木を食べません。この木にも毒があるからです。一方、葉をちぎって匂いを嗅ぐととても良い香り(芳香)がします。
仏教では葬式や墓によく供えられます。神道ではサカキが一般的ですがシキミを供えるところもあるようです。これから花が咲き始めるので、見に来てください。

奈良公園事務所
アクセスナビ
団体バス予約
平城宮跡クイックガイド